独学でも行政書士の勉強はできる|ステップアップするために

より深く学ぶために

保育園

小さいころお世話になった保育士さんに憧れて、自分も保育士をめざしているというかたもいらっしゃると思います。保育士になるためにはいくつかの方法がありますが、その中でもなぜ大学が人気なのか、その理由をいくつか紹介していきたいと思います。まず、保育士は国家資格ですので資格をとるには保育士試験を受験する必要があります。ですが、この試験は誰もが受けられるのではなく、受験資格が必要となっています。受験資格というのは、たとえば中学校を卒業したかたの場合だと5年以上、高校を卒業したかたの場合は2年以上、児童福祉施設に勤務するなどといったことです。その点、大学の場合は大学に1年以上在籍し、必要な単位を取得すれば受験することが可能なのです。大学によっては保育士以外にも幼稚園教諭、小学校教諭、社会福祉士や介護福祉士などといった他の資格も取れる場合が多く、就職の可能性を広げられるといったことからも大学が人気の理由のひとつになっています。なかには中学校の教諭や高等学校の教諭資格などが取得できる、乳幼児だけではなく教育に力をいれている大学もあるので、自分に必要なものの選択ができます。また、大学の場合は授業の中でピアノのレッスンや、現場での実習回数が多いなど、通信教育など独学で学ぶには難しいところもカバーしてくれますし、勉強が大変だとしても同じ夢を持った仲間と励まし合ったり、追試をしっかり受けられるといったメリットもあります。