独学でも行政書士の勉強はできる|ステップアップするために

保育園

より深く学ぶために

保育士は国家資格ですが、受験するには受験資格が必要です。大学の場合は保育士以外にも、小学校教諭や社会福祉士などの資格を取得できるところがあります。また、ピアノのレッスンや現場での実習回数などが多いため、通信講座など独学では学ぶことが難しいことも授業で学ぶことが出来るため人気があります。

勉強

資格取得によるメリット

企業においてはマネジメント力が重視される傾向が強まっており、資格取得をしておくことで有利になる。資格取得を目指す場合には、スクール活用が最適である。書籍での学習に合わせ、実戦形式での学習ができるなど個人でできない学習ができる。

法律・行政のエキスパート

男性

人気の高い国家資格

行政書士は、数ある国家試験の中でも受験者数の多さで毎年上位にランキングされる人気の資格です。開業者としての行政書士は、官公署に提出する書類や権利義務・事実証明などに関する書類の作成を代行することを主たる業としています。いわば「文書作成のプロ」ですが、作成に当たっては当然ながらその背景となる法令や手続き方法にも精通していなければならないことから、法律・行政のプロとして高い評価を受けています。行政書士試験は毎年1回行われ、合格率は毎年10%前後とかなりの難関です。しかし問題は択一式を中心とした筆記試験であり、全体で60%以上正解すれば合格できることから、効率の良い学習を心がければ難関突破も不可能ではありません。行政書士試験は同じ問題が繰り返し出題される傾向があるため、過去問を中心とした反復学習をしっかり行えば独学でも対応可能です。独学向けの参考書や問題集も多数出版されています。ただ、市販の書籍等のみに頼った独学だと、学習スケジュールの立て方などに迷いが生じることがあります。そんな時は、専門学校等の通信講座を受講してみるというのもひとつの手です。一定のカリキュラムに沿った効率的な学習が進められるうえ、学習上の疑問点などに応えてくれる環境も整っているため、勉強がひとりよがりにならずに済みます。もちろん通学制の講座を受講できるのであればそれに越したことはありませんが、仕事の合間を縫って独学に励みたいといった人などにとっては、勉強時間の都合をつけやすい通信講座が便利です。

女性と子供

子どもと触れ合う仕事

「幼児に対する正しい理解をしており、適切な教育や接し方ができる」これを証明してくれるのが幼稚園教諭の免許状です。大学で取得するには指定された授業の受講、試験で合格点をとって単位を獲得すること、また幼稚園での実習が必要になります。